AVAL アワル(ニュートラルヘナ)
アワルは、色がつかない事、髪をさらさらとしたヘナに似た感触に仕上げる事から
ニュートラル・ヘナとも呼ばれているハーブです。


髪が乾いたり痛んでいる時に、大切なのはしなやかさ、柔らかさといった、落ち着いた感触。
髪がやわらかくしっとりと落ち着くのは、髪にも、気持ちにも心地よいものです。
【アワル】は豆科の植物で、インドでは髪のトリートメントに使われています。
ヘナに似た感触で、仕上がり色が付かない事から「ニュートラルヘナ」とも呼ばれています。

◆ヘナの艶と軽やかさはそのままに、色をつけずにトリートメントするハーブ
自然な発色とさっぱりとした爽快感の両方が楽しめるトリートメントとして、ヘナは日本でも身近な存在となりました。
ヘナのトリートメント効果の特徴である、艶とはりによって生まれる軽やかで滑らかな感触は爽やかな使い心地は、
健康な髪や、やや痛み気味の髪には、とても快適で有効です。
ですが、残念な事に、余りにも髪が痛み過ぎている方には、さっぱりとし過ぎで、
トリートメントだけが必要な方には染毛効果は不要な場合もあります。

 そこで、今回は、髪のダメージに悩んでいる方、髪に色を乗せたくは無いけれど、
ハーブのヘアケアに興味のある方のために、よりトリートメント効果があるレシピを工夫し、
より多くの方にインドのハーブの世界の奥深さと働きとを実感できるものを作る事にしたのです。


それぞれのハーブたちの個性を主役に、また、新しいハーブも見つけ、
今までとは全く違う、しっとりとした優しい仕上がりのもの作り出しました。
今回ご紹介するのが「アワル」です。
インドで、ニュートラル・ヘナとも呼ばれ、色をつけずにヘアトリートメントをする事で知られるハーブ「アワル」
をベースに、何種類かのハーブを加え、新しいレシピのヘアトリートメントを作り上げました。
◆傷んだ髪もやわらかくしっとり落ち着けます
「アワル」の一番の特徴は、ソフトニング効果。
タンパク質や油分などを多く含むハーブを取り入れる事で、髪がしっとりとおちつきながら、
少しだけふんわりとした感触を与えます。
この効果を生み出しているのが、「メティmethi」、「ムラテー murathee」、

「カプールカチャリ kapur kachari」。
これらのハーブが、髪に潤いを与え、やわらかにしながら、「アワル」のソフトな収斂効果で

、更に艶と張りを与え、頭皮を引き締めます。
◆アワルは豆科の植物です
【アワル】は豆科の植物で、インドでは髪のトリートメントに使われています。
ヘナに似た感触で、仕上がり色が付かない事から「ニュートラルヘナ」とも呼ばれています。
内容物 : 説明書、パウダー
(手が染まらないハーブですので、過剰包装をさける為手袋は添付しておりません。ご了承くださいませ。)

原産地 : インド
全成分 : アワル、メティ、ムラテ、アムラ、シカカイ、ジャタマシ、カス、
ブラハミ、バーリンラジ、カプールカチャリ、チャリラ


★植物アレルギーの可能性のある方は事前にパッチテストをしてください。
★過敏症・妊娠中の方は専門医にご相談の上ご使用ください。
★説明書をよくお読みの上ご使用ください。
アワルに含まれるハーブ表
ヒンディ名 利用部位
Aval 
(アワル)
葉、茎 豆科の植物。
Methi
(メティ)
種子 焦げた砂糖のような香りが特徴。
Mulatee
(ムラテー)
地下茎 豆科、リコリス・甘草。
Amla
(アムラ)
果実 トウダイグサ科の植物。油柑(ユカン)、アンマロクとも呼ばれます。果実にはタンニンと
ビタミンc(果実1個あたり30〜50g)を多く含み、インド、東南アジアでは、食用にもされます。

Shikakai 
(シカカイ)
果実 マメ科。アカシアの仲間です。長さが7センチ位のマメのようなさやに入った実がなります。
サポニンという髪を洗浄する成分が含まれているので、粉末にしたもので髪を洗えます。
Jatamasi 
(ジャタマシ)
地下茎 オミナエシの仲間。ナルド、和漢名を甘松香と言います。
香料、として有名です。
Khus 
(カ ス)
ベチペルとも呼ばれるベチバーは、インドから東南アジア原産のイネ科の植物です。
根に香気成分を含み、香水や、石鹸などの香料として利用されます。虫よけにも有効です。
古代インドでは、この根で編んだマットを虫よけに利用したそうです。ベチバーとは、タミール語の
「掘り返した根」が語源です。
Brahmi
(ブラハミ)
植物
全体
セリ科。ツボクサの仲間。茎を、地面を這うように伸ばし、根をつけて株が増えていきます。
セリに似た香りがし、東南アジアでは食用にもされる多年草です。
Bhringraj
(バーリンラジ)
植物
全体
キク科。タカサブロウと日本では呼ばれています。
一年生の草で30センチ位に育ちます。
Kapur Kachari
(カプールカチャリ)
地下茎 ショウガ科。ジンジャーリリーの仲間。山奈(サンナ)とも呼ばれ、根を食用、
薫香料として用います。
Charila
(チャリラ)
全体 ウメノキゴケの仲間。空気の清浄な場所でしか育ちません。この仲間には、
種類が多く芳香のあるもの、石花とも呼ばれます。

◆使用方法
準備 配合しているハーブの性質上、繊維の細かいものなどに色うつりする場合があります。
衣類・タオルなどは汚れてもいいものをご使用ください。
1.洗髪 洗髪後、タオルで水滴が落ちない程度に拭き取ります。(濡らした髪)
2.アワルを溶く お湯を少しずつ加えてマヨネーズ状の柔らかさに溶きます。
3.アワルを塗る 素手でシャンプーするように頭皮・根元から全体に手でもみこむように塗り、
塗り終わったら垂れないようにシャワーキャップやラップで頭全体を包みます。
★注意! 目や口に入らないようにしてください。目に入った場合はすぐに洗ってください。
4.時間を置く そのままの状態で放置時間30分(注意 長時間放置しますと髪に色が付くことがあります)
5.髪を洗う お湯で良く洗い流してください。その後、石鹸やシャンプーで洗ってください。

用意するもの
●ボールなど(溶くため)
●スプーンなど(混ぜるため)
●汚れてもいい衣類・タオル(上記使用方法に明記)
●古いタオルまたはケープなど(衣服を汚さないため)
●ラップまたはシャワーキャップ(頭をつつむために)
★ご使用する際のアワルの量
●ショートヘア 約30g
●セミロング  約50g
大まかな目安です。
個人差もありますので髪の長さ・量により
加減してください。
関連商品 ヘナシリーズ
2009/8/25現在 残7
2009/8/27現在 残5
2009/8/27現在 残3
2009/8/31現在 残0

完売御礼

TOPへ