ナイアード ヘナ

大人気のナイアードヘナをおためしくださいませ。
ヘナはインドや北アフリカを原産地とする天然の植物で
古くから多くの人に身近に用いられてきたハーブがヘナです。

インドのソジャットの街から、農薬や人工肥料を用いないで育てた、ピュアなハーブ製のヘアカラーがとどきました。
ナイアードの ヘナ はインドに在住するスタッフと共同で、インドで昔から使われてきたハーブのレシピを工夫。
ライトブラウンから、ダークブラウンまで、三種類の色合いを生み出しています。
色合いだけでなく、天然のハーブならではのトリートメント効果もお楽しみください。

ナチュラルハーブヘナ


古来よりインドや中近東で化粧用のハーブとして愛用されてきたハーブ、ヘナ。
風の王国と呼ばれる、インド西部のラジャスタン州にあるソジャットはヘナの生育に最適の気象条件を備えているといわれ、
美しいヘナ畑が広がる、ヘナの一大産地です。
ナイアードでは、ここで取れる農薬や化学肥料を用いない、良質のヘナの葉をお届けしてます。

なお、ナイアードの ヘナ は、2001年4月の薬事法改正に伴い、申請を行い、化粧品として販売しております。

西南アジアから、北アフリカまで自生しているミソハギ科の植物で、最大の原産国はインドです。インドでは美と幸運の女神、
ラクシュミーが好む植物として知られています。
木の高さは3−6メートルの低木。先の尖った、長さ3cm、幅1.5cm位のだ円形の葉の形をしています。
花は白か薄い桃色で、ジャスミンに似た甘い香りの強い香りがし、薔薇と香料に用いられてきました。
インドだけでなく、中近東でも古くから用いられ、旧約聖書にも登場し、枝、葉、実ともに、身近に用いられてきた植物です。
日本名の指甲花(しこうか)やツマクレナイノキという名からもわかるように、今でも日常的な美容のほかに、
結婚式やお祭りの装飾として、モロッコやインドなどでは、マニキュアやボディペイントにも用いられています。

このように、ヘナ は古くから世界のさまざまな分野で人と深く結びついた植物です。
これからも、新しいさまざまな用途、そして、古きよき使い方が改めて、発見されていくことでしょう。

ヘナヘナの花

ヘナ畑

乾燥したヘナの葉

ヘナの枝


安心 「 ヘナ 」
ヘナ はインドや北アフリカを原産地とする天然の植物で、古くから多くの人に身近に用いられてきたハーブです。

染毛剤は、身近にあるもっとも危険な化学物質といわれているにも関わらず、
白髪染めの利用者は1000万人以上いるといわれています。
また、髪を染めたくても、市販の染毛剤ではかぶれてしまう、 危険性を知っているために利用できない、
やむを得ず使っているけれども、より安全なものがあれば。と思う方達は予想以上に多いようです。
「ヘナ」はそのような、期待に十分添うことのでできるものではないかと思います

せっかくの「ヘナ」に
なぜ化学的な染毛剤が添加されてしまうのでしょう?


ヘナ は染毛効果とトリートメント効果を兼ね備えた、すばらしいハーブです。
しかし、欠点があるとしたら、発色が、日本人の黒髪には明るすぎること、カラーバリエーションが出しにくいことです。
そのため、 この欠点を補う目的や消費者の天然志向人気に便乗して、ヘナをベースにしながらも、
カラーバリエーションを増やす目的で、一般の化学的な染毛剤と同様、アレルギーを引き起こす可能性のある化学染料や、
顔料を添加した製品も、「ヘナ」として出回っいる現状があります。
また、平成13年4月の薬事法の改正によりヘナが化粧品の原料として認められたため、「ヘナ」入りと称しながら、
肌に刺激のある染料や合成界面活性剤を添加した商品も登場するようになりましたし、
薬事法改正以前は、雑貨扱いというヘナの状況を逆に利用して、
ジアミン系の染料などは、発ガン性、皮膚障害が確認されている物質が添加される事がありましたが、
今度は、「ヘナ」という化粧品としては新しい素材の自然なイメージだけが利用されつつあるようです。
本当の身体への安全よりも、色や、イメージの方が優先されてしまうのは、残念なことです。


より安全なヘナを見つけよう・・・・ナイアードのコンセプト

しかし、薬事法の改正は、もちろん、消費者にとってメリットもあります。ヘナが化粧品の原料として使えるようになり、
化粧品として販売する以上は、原料をすべて表示することが義務づけられるので、消費者は、パッケージの表示から、
中身が明らかで安全なヘナを選ぶことができるようになったことです。
これに合せ、ナイアードのヘナも、2001年4月に申請を行い、現在、化粧品として販売しています。

私たちはメーカーでありますが、その前に消費者の一人です。そして、消費者ならば、たとえ雑貨としての流通であっても、
より安全な品物が確実に手に届く道があったほうがいい。また、安全な品物を安価に確保することで、第三世界の就労の道を広げることができたら。
そんな思いから、私たちは、薬事法の改正以前より、添加物のチェックなど安全性の確認はもちろんのこと、
現地スタッフが常駐し、日本のスタッフも生産地を直接たずね、畑や工場、原材料や作る工程を実際に目で確認することを、
製品開発の基本に置き、混ざりものの無い、ピュアなヘナを輸入販売し、現在も安全なヘナの輸入、販売を続けています。
また、これからも、ナイアードは、現地のスタッフと共同で、インドや各国のハーブのレシピ、
伝統的な使い方を参考に、本物のヘナとハーブをお届けします。

ご注意:ごくまれに、これまでに植物アレルギーを起こしたことがある方や、アレルギーを起こしやすい体質の方には、
純粋なヘナでも、肌に合わない場合があります。初めてお使いになる場合はパッチテストを行うことをお勧めします。
また、ご使用中に異常を感じた場合には、すぐにご使用を中止くださいますよう、お願いします。


ナイアードヘナヘナ

ナイアードでは、インドに現地オフィスを置き、品質管理を行いながら、ヘナの生育にもっとも最した気象条件を備えている。
といわれるソジャット産の良質のヘナの葉を乾燥・粉砕して、おとどけしています。

■製品ラインナップ

ナイアードのヘナの、カラーバリエーションは
              3種類<ライトブラウン・ブラウン・黒茶系>。

100g箱入り通常サイズ

ヘナ100%
ヘナ100%/ヘナ+10種ハーブ/ヘナ+木藍


初めて使う方。使う回数が少ない方、髪が短い方向けです。 100g入り・手袋・説明書入り

■それぞれのヘナについて

 ヘナ100% (ライトブラウン/オレンジ〜赤褐色系) 100g:1,000円

何も足さない、純粋な、ヘナだけのこだわり派のための一番ベーシックなパッケージ。
ヘナに含まれるラウソン(ヘナタンニン酸)が髪の毛に吸収されることにより、白い部分は赤褐色(オレンジ系)に染まります。
草の香りには、アロマテラピー効果もあります。
明るい赤みがかった茶色に染まりますので、トリートメントとして、ファッション用のヘアマニキュア感覚でご利用ください。
染め色は、使用直後より 4日後くらいの方が やや濃くなります。


ヘナ+10種のハーブ (ブラウン/オレンジ〜赤褐色系)  100g:1,200円
ヘナ100%よりも、更にトリートメント効果を強め、色味を少しダークにする為に、10種類のハーブを加えています。
このハーブは、インドで古来から髪の為に使われてきたハーブのミックスを15%ブレンドしています。

10種のハーブの内容 アムラ シカカイ カッチャ ラタンジェット バヘダ カス(ベチベル) ブラアミ バアリンラジ ジャタマシ ハラダ



ヘナ+木藍(黒茶系)  100g:1,500円 

ヘナに木藍と10種のハーブを加える事により、黒っぽい色合いとトリートメント効果の両方を楽しめます。
黒っぽく染め上げる手助けをしてくれます。

より黒っぽ く染めることができるので、白髪が多い方や男性にぴったりです。
大青入りのものは 使用直後、あまり色が付いていない ように見えますが、
数日経つと、空気に触れて酸化が進み、濃く、発色し始めます。  黒くしたい場合は3回くらい
繰り返し使用すると、色が重なり、上の見本のように、かなり濃い焦げ茶色になります。
 ヘナや大青などの植物染料は 色素が髪の毛のなかに浸透して半永久的に染まる染料なのですが、
髪に浸透を阻むものがついてい ると、色素は浸透しにくくなり、染まりもわるく、落ちやすくもなるようです。
染色時間は1時間、毎日続けて染色した場合の、1週間後の色合いです。




ヘナ10種ハーブナイアード

ヘナの染め方と注意点

ヘナには染毛のほかにトリートメントの効果があります。
また、インドやモロッコなど中近東では、お洒落としてボディペインティング(ヘナアート)の伝統があります。
これは、最近では、新しいファッション、メイクの方法として再発見されつつあります。

ここでは、髪の染め方について説明します。

安全性:髪の毛にも身体にも安全な素材です。ただし植物成分にアレルギーのある方は、事前にパッチテストを行ってください。
簡単:ヘナの粉をお湯に溶いて、ペースト状にしたものを髪の毛に塗りつけて1時間放置。後は水で洗い流して、シャンプーするだけ。
それ以上長くつけていても、髪も頭皮も傷めることはありません。

トリートメント効果:ヘナは染料としてだけでなくトリートメントとして使われています。髪にコシと艶を与え、サラサラにします。
アロマテラピー効果:草の青っぽい爽やかな香りはリラックス効果があります。



カラーバリエーション 

ナイアードのヘナは、自然のハーブを混ぜることで、
トリートメント効果や色のバリエーションを作り出しています。
染まり方は、髪質や色合いなどによって多少異なりますが、
左の色見本をご参考にしてください。

用意するもの

ヘナパウダー ビニール手袋 ボールなどの器 スプーン、はしなど ラップ又はシャワーキャップ
コールドクリームなどワックス、オイル類 古タオル又はケープなど
肌が染まらないように生え際、うなじなどにつけます。
衣服等を汚さないように肩などにかけてください。


染めるために必要な分量
部分染め------大さじ3〜5
ショートヘア----大さじ3〜5(約 20〜40g)
セミロング  ----大さじ4〜(約 30g 〜)
*髪の長さ、量などによって加減してください



手順と注意
ヘナの染め方と注意点〜より心地よく、楽しく使っていただくために〜
ヘナには染毛のほかにトリートメントの効果があります。
また、インドやモロッコなど中近東では、お洒落としてボディペインティング(ヘナアート)の伝統があります。
これは、最近では、新しいファッション、メイクの方法として再発見されつつあります。

また、リンスやヘアパックなどを、ハーブによって行うケアも、高いトリートメント効果やリラクゼーション効果などで注目されています。

ここでは、髪の染め方、トリートメントについて説明します。

安全性:植物の粉末のみで作っています。ただし、稀に肌に合わない方もいらっしゃいますので、必ず、事前にパッチテストを行ってください。
簡 単:
ヘナやアワルの粉をお湯に溶いて、ペースト状にしたものを髪の毛に塗りつけて1時間放置。
(アワルでのトリートメントは15分から30分)後は水で洗い流すだけ。それ以上長くつけていても、髪も頭皮も傷めることはありません。

トリートメント効果:ヘナは染料としてだけでなくトリートメントとして使われています。髪にコシと艶を与え、
サラサラにします。また、アワルは、色をつけずにヘナのようなトリートメント効果があるハーブとしてインドでは古くから用いられてきました。

アロマテラピー効果:成分はすべて乾燥させたハーブの粉。植物の青っぽい爽やかな香りはリラックス効果があります。



カラーバリエーション

ヘナ100% オレンジ〜赤褐色系 明るい色ですが、ヘナ本来の色が
白髪の部分にメッシュで入り、おしゃれな感じに仕上がります。
ヘナ+10種のハーブ オレンジ〜赤褐色系 10種のハーブで、更にトリートメント効果を
強くしています。髪の傷みが気になる方にお勧め。
ヘナ+木藍 黒茶系 白髪を落ち着いた色に染めたい方に。
アワル 無色・トリートメント 髪に色がつかない100%ハーブのトリートメント。
髪をしなやかに保ちます。

必要な分量

部分染め------ 適量
ショートヘア----30〜50g)
セミロング  ---- 50g 〜)
*髪の長さ、量などによって加減してください。アワルの使用量の目安もヘナと同じです


ヘナ100%、ヘナ+10種のハーブの場合

手順

洗髪後、整髪料などをつけていない状態で使用します。お湯かシャンプーのみで洗髪後、水滴が落ちてこない程度に水気を拭き取ります。
(髪がぬれた状態の方が、キューティクルが開きやすく、髪にヘナの成分がよりなじみやすいため。)


ヘナパウダーをボールにあけ、マヨネーズ位の固さののペースト状にします。
容器にお湯(45度くらい)を入れ、ヘナの粉を全て入れて、素早くかき回します。または、シェーカー等、
密封できる蓋付きのビンに、お湯を入れてから、ヘナの粉を入れ、垂直にふると、ふんわりしたペーストになります。
ヘナとお湯の比率ヘナ100%、また、ヘナ+10種のハーブは、ヘナ:お湯で、1:3。粉が50グラムならば、お湯は150 CC ヘナ+木藍は、
ヘナ:お湯で、1:4。粉が50グラムならば、お湯は200 CC というようになります。

髪を少しずつ取り分け、手袋をした手で、ヘナを地肌からもみ込むように、丁寧になじませます。
分け目、白髪が目立つ部分、生え際などの染まりにくい部分には特にたっぷりとつけるようにしてください。
髪のはえたばかりの部分は染まりにくいので、特に丁寧に馴染ませて下さい。


汚れてもかまわない服を着たり、ケープや古タオル等を肩にかけて衣服もカバーしましょう。
(染めたくない部分や衣服についた場合は早めに洗い流してください。)


生え際部分には、3センチ程の幅に裂いたティッシュで上からおさえると、液だれをおさえることができます。
また、耳や生え際、首など染めたくない部分にコールドクリームなどを塗ると、色うつりしにくくなり、より安心です。


塗り終わったら、ラップやシャワーキャップで頭全体を包み、その上から保温用タオルを巻き(キャップをかぶっても。)、

そのまま1〜3時間程待ちます。トリートメント効果を重視したい時は、2〜3時間置くことをお勧めします。
保温タオルやキャップの上から、ドライヤーや蒸しタオルなどで髪を2ー3分暖めるとキューティクルがひらいて色素が髪になじみやすくなります。

ヘナをよく洗い流します。


注意とポイント
髪質などにより、染め上がりには個人差があります。
染めて直後は色が鮮やかに感じられますが、徐々に落ち着いて来ます。
何度も重ねて染めると白髪の部分は、だんだん落ちついた色あいになってきます。

ご使用前に、パッチテストを行って下さい。
目に入った際は、すぐ洗い流してください。
肌にあわない場合は、すぐにご使用をおやめください。
肌に違和感が残る場合は、専門医に御相談下さい。
使用後、洗髪時や、汗などで色おちする場合があります。
絹、ウール類はヘナの色がつきやすいので、着用にご注意下さい。   

ヘナ+木藍の場合

手順

洗髪後、整髪料などをつけていない状態で使用します。お湯かシャンプーのみで洗髪後、水滴が落ちてこない程度に水気を拭き取ります。
(髪がぬれた状態の方が、キューティクルが開きやすく、髪にヘナの成分がよりなじみやすいため。)



ヘナパウダーをボールにあけ、マヨネーズ位の固さののペースト状にします。
容器にお湯(45度くらい)を入れ、ヘナの粉を全て入れて、素早くかき回します。または、シェーカー等、
密封できる蓋付きのビンに、お湯を入れてから、ヘナの粉を入れ、垂直にふると、ふんわりしたペーストになります。
ヘナとお湯の比率はヘナ:お湯で、1:4。粉が30グラムならば、お湯は120 CC というようになります。


髪を少しずつ取り分け、手袋をした手で、ヘナを地肌からもみ込むように、丁寧になじませます。
分け目、白髪が目立つ部分、生え際などの染まりにくい部分には特にたっぷりとつけるようにしてください。
髪のはえたばかりの部分は染まりにくいので、特に丁寧に馴染ませて下さい。



汚れてもかまわない服を着たり、ケープや古タオル等を肩にかけて衣服もカバーしましょう。(染めたくない部分や衣服についた場合は早めに洗い流してください。)


生え際部分には、3センチ程の幅に裂いたティッシュで上からおさえると、液だれをおさえることができます。
また、耳や生え際、首など染めたくない部分にコールドクリームなどを塗ると、色うつりしにくくなり、より安心です。



塗り終わったら、タオルを巻き、その上からシャワーキャップやラップを巻きます。タオルを巻くことで、髪とラップの間に空気の層を作ります。

(木藍の発色には空気と保温が大切なため。)そのまま1時間待ちます。
保温タオルやキャップの上から、ドライヤーや蒸しタオルなどで髪を2ー3分暖めるとキューティクルがひらいて色素が髪になじみやすくなります。


1時間ほどたったら、よく洗い流します。


シャンプーした後も 色は徐々に濃くなっていき、2〜3日したら安定します。

2〜3日後の色より更に濃くしたい時には 連続使用すると、色が重なり、濃くなります。    

注意とポイント
熱いお湯で溶かないで下さい。また、ペーストの色が暗い色にならないうち(3-40分以内)に髪に塗り終えるようにして下さい。
髪質などにより、染め上がりには個人差があります。
染めて直後は色が鮮やかに感じられますが、徐々に落ち着いて来ます。
ご使用前に、パッチテストを行って下さい。
目に入った際は、すぐ洗い流してください。
肌にあわない場合は、すぐにご使用をおやめください。
肌に違和感が残る場合は、専門医に御相談下さい。
使用後、洗髪時や、汗などで色おちする場合があります。
絹、ウール類はヘナの色がつきやすいので、着用にご注意下さい。 





アワルの場合

手順-

洗髪後、整髪料などをつけていない状態で使用します。
(濡れた状態の方がよりなじみやすいです。)

アワルパウダーをボールにあけ、お湯を少しづつ加えてよく混ぜ、たれない程度、マヨネーズくらいのゆるめのペースト状にします。
溶かしたアワルを髪の根元から先端へと塗りこみます。ヘナのように生え際や手が染まるのが心配はありません。

全体塗り終わったら、ラップやシャワーキャップで頭全体をぴったり包み、15分待ちます。時間があるときは、
待ち時間を30分位にすると、よりおちついたしっとりした感触になります。

ペーストをぬるま湯でよく洗い流して完了。

注意とポイント
染色成分をもちませんので、髪の色を変えずにハーブでトリートメントをしたい時に、お勧めです。
ご使用前に、パッチテストを行って下さい。
目に入った際は、すぐ洗い流してください。
肌にあわない場合は、すぐにご使用をおやめください。
肌に違和感が残る場合は、専門医に御相談下さい。


パッチテストの方法・・・ご使用の3日前に行ってください。
植物アレルギーのある方、今までにひどいアレルギーを起こしたことのある方等は、
専門の医師にご相談の上、パッチテストを行ってから、ご使用下さい。

少量のヘナを水で溶く。
腕の内側等、日光の当たらない部分に、10円玉大のヘナを塗り、上から絆創膏等を貼り、24時間そのままにします。
24時間後に洗い流し、かぶれ、かゆみが起きないか、48時間様子を見ます。
ヘナの染色で肌がオレンジ色になりますが、これは、問題ありません。徐々に消えます。

*かぶれ、かゆみが出た場合は、24時間の塗布中であっても直ちに洗い流してください。
*違和感が残る場合は、専門医にご相談下さい。

このページは潟iイアード様の許可を得て、情報を転載しております。
(c)naiad 2000-2002.all rights reserved.本サイトの文章、図版の無断での使用を禁止します。

こちらも是非一緒にお買求めください!とても役立ちます!!

アワル
色の付かないヘナ

カラーリングの達人
専用クリップ


カラーリングの達人
専用クリップ

ヘナナイアード

品番・品名 ヘナ100%
小売価格 1000円(1050円税込み)
数量 ×
ご使用前に、使用法・使用上の注意をよく読み下さい。


品番・品名 ヘナ+10種ハーブ
小売価格 1200円(1260円税込み)
数量 ×
ご使用前に、使用法・使用上の注意をよく読み下さい。



品番・品名 ヘナ+木藍
小売価格 1500円1575円税込み)
数量 ×
ご使用前に、使用法・使用上の注意をよく読み下さい。

その他ヘアケア品

ナイアード ヘナ